相談してぴったりな保障を

保険見直しをしたいと思って、インターネット上のホームページなど、保険見直しのポイントなどを見ても、いまいち、じゃ、どの部分をどうすればいいの?と、わかりにくいことが多いのです。まず自分にあった保障とは何か?という事を理解しなければならないのですが、そこがわからないという方がほとんどです。

保険見直しの窓口などが最近は多くなっています。スーパーの店内に設けられていることもありますし、ネットからメールで操舵できることもあります。また、自宅や希望する場所まで訪問してくれるサービスも行っているので、年配の人も気軽に相談が出来ます。こうしたところに相談すると、保険の専門家、例えばファイナンシャルプランナーなどが保険見直しの相談に乗ってくれるので、これは大きなメリットです。

独身の方は死亡保障をそれほど大きくしなくても、後に残すものを作る必要がないので、死亡保障が大きくなっている場合、そこを小さくして、その分、生活保障や病気に対する部分を大きくすることができます。

結婚してお子さんが誕生した場合には、死亡保障もある程度必要となりますし、生活保障なども必要となります。住宅ローンがある場合、その分も死亡保障へ・・・と考える人がいますが、通常住宅ローンの契約者となっている場合、事故や病気などでお亡くなりになれば、住宅ローンの支払いをそこからしなくてよくなりますので、その分は考慮しなくてもよくなります。

このように人によってぴったりな保障というのは違いがありますので、専門家に相談し、どのような保障にすればいいか考えていく方がいいでしょう。