保険見直しは必要

保険に入ったのはいつですか?と聞いてみると、多くの方が大学に入るとき、社会人になった時と答えます。未成年の間は親御さんの保険と共になっていることも多いですし、学校の保険などがあり、それに加入しているため病気になっても怪我をしても安心です。しかし大学に入るときや、社会人となるときには、やはり保険に入る方が多くなります。

保険に入るとき、その保障内容を検討したでしょうか。検討しないとしても、こういう保証があるよ、と保険外交員からしっかり話を聞き、今自分が病気やけがをした時に受ける事の出来る保証をしっかり理解されているという方はいるでしょうか。実は、自分の保険の保障内容について、あまりよく理解されていないという方が多いのです。

お母さんの知り合いの保険会社の方が社会人1年生がよく加入する保険に照らし合わせて決めた、料金なども親が払っているから保険証券自体見たことがないし、約款や契約内容も見たことがないという人の方が多いのです。

でも、保険というのは万が一の際に利用するものです。怪我をした、大きな病気で手術、入院が必要となった、その時、どのくらいの治療費がでるのか、手術費用はどの程度出るのか、また生活保障があるのかどうか、こうしたことを知っていないと、利用するときになって、ええ?加入していない部分だったの?と後悔することになります。

保険見直しは、ライフステージが変わるとき、必ず行ってほしいものです。なぜ保険に入っているのか?それは、生活を守るため、万が一に備えるためです。当サイトは保険見直しのメリットを考え、そこを最優先に将来に適応できる保険にしていくためのサイトです。皆様に良い情報となれば幸いです。